二次会のドレスは、ドレスサロンで選ぶことが出来る

プロポーズに欠かせない

プロポーズには欠かせない婚約指輪

婚約指輪は、男性が女性にプロポーズをするときには欠かせないアイテムですが、男性が一人で選択をしてデザインが気に行ってもらえない可能性もあることから女性と一緒に婚約指輪を選ぶというケースもあります。 婚約指輪は、一般的にはダイヤモンドが付いたプラチナの指輪が選択されますが、宝石の部分を女性の誕生石を組み合わせたり金属部分をゴールドにされることもあります。ネックレスやブレスレットなどのアクセサリーのようにサイズに幅があるものと違って1号違うとしっくりこない指輪はサイズを確認することが重要です。もしもサイズが合わなかった場合にはお直しをすることもできますが、デザインや裏側の刻印によってはできない場合もあります。

婚約指輪に利用されるダイヤモンド

婚約指輪には欠かせないダイヤモンドには幅広い品質があり、天然ものなので同じものは二つとありません。世界共通のダイヤモンドの鑑定基準として4Cと呼ばれるものがあり、色味を表すカラー、研磨技術を表すカット、透明度を表すクラリティ、重さを表すカラットの4つの価値で決まります。見た目では分かりにくく拡大をしてみても一般の人では難しい基準もありますが、カラットは重さがあるとともに大きくなるので分かりやすいものです。 婚約指輪は、幸せには欠かせないハートアンドキューピッドなどの4C基準には含まれない価値もあります。海外ではカラットが重要視されることが多いものですが、高品質な商品を好む日本人には4Cの価値を重要視する人も多いものです。